①間違いだらけの子どもの靴選び

 

こんにちは mikeです。

 

今わたしは某靴屋さんに勤めております。

4年勤める中、去年1年間子ども靴売り場を担当しました。

今でも時々売り場には立っています。

 

買うものは子どものものでも

実際買うのはその親(または祖父母)。

 

当たり前やろ~と思うかもしれませんが

これが思いのほかやっかい。

 

自分で自分の靴を買うなら

大抵は履けば合ってる合ってないの判断が自分で出来る。

子どもは何が合ってて合ってないかわからない(経験値が少ないから当たり前)

そして親の判断がここに絡んでくるとやっかい。

 

もちろん靴選びの基準が親の中で決まっていれば

店員の出る幕などないのだが

または店員に委ねてくれればまだマシなのだが

そうはいかないのである。

 

てなわけで

間違った子ども靴の選び方ランキングー!

ドンドンドン~ぱふ♪

 

第3位

ファーストシューズは必要

いや別にいりません。

こうじゃなければいけないというものもありません。

お店に布製のふにゃふにゃのお人形の靴みたいのが

“ファーストシューズ”といって売っていますが

歩く前におしゃれで履くならいいですけど

あれは歩く用ではありませんから。

歩き始めた赤ちゃんのイラスト

靴を用意するには歩くようになってからで十分。

最初から普通の靴で大丈夫v

 

 

第2位

脱ぎ履きしやすいのが良い

乱暴に靴を脱いでいる子供のイラスト

脱ぎ履きしやすい=足に合ってない

ですから~残念;

 

 

第1位!

大きめで良い

これ言う人が多い!

「どうせすぐ小さくなるし」というのが理由。

わかります。子どもは半年置きにサイズ交換しないとですよね。

あっという間ですよね。

じゃあ

自分はワンサイズ上の大きいサイズの靴履けますか?

てのっ!

かかとに指1本入って「ちょうどいい」なんて言う人もいます。

いやいや。あなたは普段どういう靴履いてるんですか~?

 

 

わたしが「子どもの靴選び」のセミナーをしていた頃に比べれば

皆さんよく勉強されています。

ネット上の情報もたくさん増えました。

 

それでもまだまだなんだなと。

 

長くなったので今日はこれでおしまい。

間違いだらけの子どもの靴選び~番外編~は次回に♪

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

今後も気長にお付き合い頂けると嬉しいです♪

 

 

②間違いだらけの子どもの靴選び~番外編~

前回の続き

ランク外の番外編

「歩き始めはハイカットの靴が良い」

これは昔言われてたことですが

こだわる必要はありません。

むしろ足首の動きを阻害するという考えもあります。

 

「〇才は何cmくらいの靴?」

おおまかに基準がないわけはないですが・・

個人差があるのでわっかりませ~ん

 

「うちの子小さいから小さい靴?」

※大きいからバージョンもあり。

足のサイズは身長に比例しません

わたしの兄は身長低いけど足デカイww

 

どちらもお孫さんの靴を買いに来た方からの質問ですね。

靴のプレゼントは避けたほうが良いです。

渡してみたらサイズ合わなくて交換に来られる方多いです。

お店に寄りますが返品できるのは1~2週間以内というところ多いです。

購入時に確認を忘れずに。そして

買ったらすぐに渡してその場で試し履きしてもらいましょう。

渡しっぱなしダメー!

 

そして

これ本当は第1位にもってきたかった・・

子どもに選ばせる

もちろん個人差はありますが

選ばせて良いのは小学校高学年~中学生くらいからかな。

合っているか本人に聞くのは大事なことなので

これは小さい頃からやって良いのですが

最終決定はあくまで親がする!

足という部位は一番神経の発達の遅いところ

2,3歳に聞いてもどーせわからない。

それ以上の年齢になっても

裸足で外を駆け回ることのなくなった現代の子どもたちの足が

順調に発達しているとは思えないので無理だろうな。

わかるようになってもその靴のデザインの好き嫌いで「合っている」と答えている場合もある。

  

小さい頃から子どもにどういう靴が足に合っているのか教え続けたうえで

親が客観的に判断できるようになるのが理想です。

  

だからそれをどうすればいいのよー!

とお怒りの方・・

  

それをこれから順を踏んで書いていきますんで~

お楽しみに♪

  

③子どもの靴・足チェック

1.すぐ抱っこをせがむ・又はすぐ疲れた~とへたりこむ ・□ 
2.よく転ぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・□ 
3.長い時間まっすぐ立っていられない ・・・・・・・・・□ 
4.走り方・歩き方が変だ ・・・・・・・・・・・・・・・□ 
5.足の爪がかけている ・・・・・・・・・・・・・・・・□
6.足のゆびが曲がっている ・・・・・・・・・・・・・・□  
7.靴をひきずるように歩く ・・・・・・・・・・・・・・□
8.靴のかかとを踏んで履く ・・・・・・・・・・・・・・□
9.靴底の減り方がはげしい又はおかしい ・・・・・・・・□
10.キャラクターの靴を愛用している ・・・・・・・・・・□
11.脱ぎはきしやすいズック靴が多い ・・・・・・・・・・□
12.どーせすぐ小さくなるからと大きめな靴を選んで買う ・□
13.2千円以上の靴は買わない ・・・・・・・・・・・・・□
14.靴はお兄ちゃん・お姉ちゃんのお下がりだ ・・・・・・□
15.よく通販で靴を買う ・・・・・・・・・・・・・・・・□

 

↑↑これはセミナーが始まる前に

受講者の皆さんにチェックしてもらう項目です。

ひとつもチェックがつかないのが理想です。

  

1~9にチェックがついたら新しい靴の買い時です。

子ども自身が「靴が小さい」「足が痛い」と言えればですが

なかなか難しいことなので

1~9のどれか一つでも気がついたら

それは足が痛いからかも~?靴が小さいからかも~?

と疑ってください。

通常~2歳くらいまでは3ヶ月ごと

3歳以降は半年おきには靴が小さくなったかチェックが必要とされています。

ですがこれはあくまで目安ですので

てか

前回いつ靴を買ったかなんて覚えてないですよね~ww

  

10.キャラクターの靴は最近では悪いものばかりとは言えなくなってきましたが

キャラクターを使用するには著作権料がかかります。

けれど子ども靴はあまり¥高くは出来ない。

結果、靴に必要な部品を省いたり材料が安価なものになってしまう。

なのであまりおススメはしません。

けれど

こういう靴を履けるのも子どものうちだけ。

子どもならではの特権。

たくさん運動したり歩いたりしない『お出かけ用』ならイイのではないでしょうか。

   

11.脱ぎ履きしやすいズック靴

スリッポンのイラスト

ズック靴・・とは今はあまり言わないかな~w

スリッポンと言ったほうが通じるかしら?

脱ぎ履きしやすい=足に合っていない

と言えるのでこのタイプの靴は本当は選ぶのが難しいです。

紐やマジックテープで調節が出来ないので

足にピッタリしたものを選ばねばなりません。

脱ぎ履きが簡単ということは履いたときに靴と足に隙間が空くということです。

靴べらを使わないと履けないくらいのピッタリさが要求されます。

何故、靴と足に隙間が空くといけないのか?

これはまた靴の選び方の回でお話しします。

   

12~15がダメな理由も靴の選び方の回でお話しします。

  

今日はここまで。

また次回~

   

④『靴の選び方』を知って欲しい理由

     

さて

どうして『靴選び』が大切なのか?

靴屋の建物イラスト

まずご自身が靴を買うとき

デザインで選んで履いてみて

踵がパカパカしなければ

痛いところがなければ

OK!

   

それで失敗したことはありませんか?

  

そもそも足の形は十人十色千差万別

それを大量生産の既製品に合わすのですから

無理というもの!!

  

その上、その足は歩いたり走ったり

靴の中で趾が伸びたり縮んだり

そういった動きにも対応できなければならない。

  

『②間違いだらけの子どもの靴選び~番外編~』でも言いました。 

お店で大人が子どもに

「どう?合ってる?」と聞いていますが

年齢にもよりますが

経験値が圧倒的に少ない子どもにわかろうはずもない;

  

その上

子どもにとって足は発達の最も遅い=感じ方が鈍いところだそうです。

単純に脳から1番遠いからなんですね。

なので聞かれても「よくわかんない;」となってしまうのです。

  

そして大人にとって1番神経が鈍くなりやすいところでもあります。

特に趾は1番先端でかつ大人になると使わなくなる人が多いため

鈍くなりやすい部位です。

 

趾当てゲーム

足つぼマッサージ・リフレクソロジーのイラスト

試しに目をつむって誰かに足の趾を1本つかんでもらってください。

つかまれた足が第2趾か第3趾か第4趾か

(手の指で言えば人差し指か中指か薬指か)

当てられますか?

母趾や小趾(親指や小指)ならわかっても

この内側三趾ははずす人がほとんどです。

もしかしたら子どものほうが当てられるかもww

おうちでお子さんと試してみてくださいね

  

#足チェック!! 

足つぼを押しているイラスト

趾当てゲームをした後は

お子さんの足がどんな足か観察してください。

一緒に大人の自分の足と比べてみてください。

全然違うでしょう?

特に赤ちゃんは土踏まずがないことに驚くはずです!

子どもの足は大人のミニチュア版ではありません!

少しずつ大人の足へと成長していくのです。

子どもの足の成長を阻害することのないような靴選びをしてください。

  

それにはまず『足の仕組み』を知ってください。

次回へ続く!!

   

足ジャンケンのイラスト(足の甲)
 ぐー  ちょき  ぱー
足ジャンケンのイラスト(足の裏)
 ぐー  ちょき  ぱー

↑↑#足の趾(ゆび)じゃんけんもおススメ!  

    

    

⑤『靴育』とは・・

ぞうりのイラスト(赤)

 文字通り「靴の履き方・選び方の教育」です
欧米では親から子へ自然となされてきました
 でも日本ではそういった文化がありません
日本には「わらじ・ぞうり」といった世界に誇れる
すばらしい履物があったからです。
あんなシンプルでかつ機能的でしかも家庭で作ることができる履物はありません!
そして、1日に何キロも歩くことができました

 戦後、高度経済成長により道路がアスファルトと化し、靴が必要になってきました。
土と違い、衝撃を吸収することのできない、
むしろ衝撃を大きく増やすアスファルトは足にとって脅威です
足を守るためにはぞうりでは難しくなりました

 残念ながら、日本では靴の見た目(ファッション性)が重視され、機能性は無視されました
特に日々成長し、靴を何回も買わなければいけない子供靴は、安さを追求しました。 
しかしその結果、偏平足・外反母趾・O脚のままの子供たちが増えていきました
 日本では大人靴ですら構造のいい靴は少ないですし、誰も教えてくれる人もないのに、
子供に正しい「靴育」をできるはずはありません

 欧米では妊娠すると産婦人科では「子どもの靴選び講座」に行くように言われるそうです。
 靴職人が多いことで有名なドイツでは、小学校で「靴育」の授業があるそうです

 日本の学校ではそういった授業がないばかりでなく、上履きという最も子どもの足によくない靴をはかせて、これで体育の授業を受けさせています。
海外の人から見れば、あんなスリッパみたいなもの靴とはいわないそうです(-_-;)

 今日本の靴を作る側の意識も変わってきつつあります
我々消費者の意識も変わることで、¥高くなくてもいい靴が出てくるかもしれません・・^m^

子どもの足を守るのは親・大人です

⑥赤ちゃんの足って

赤ちゃんの足って触るとぷにゅぷにゅで気持ちイイですよね!

それもそのはず骨がまだ未発達ですき間だらけなんです。

ほぼ脂肪

しかも軟骨!そのせいでレントゲンをとってもボンヤリとしか写りません。

土踏まずもありません!

   

骨が硬くなってすき間がなくなり、筋肉や腱も発達して

いわゆる大人と同じ足になるには16~18歳頃だと言います。

こんな柔い足を守る靴選びはとても大事になってきます。

    

こんな柔らかい骨のときに大きすぎる靴を履けば

靴の中で足が踊って靴に足が当たり趾(ゆび)が簡単に曲がってしまいます!

   

小さすぎる靴を履けば

靴に押されて趾(ゆび)が簡単に曲がってしまいます!

   

大きすぎても小さすぎてもダメなのです!

⑦足にかかる負担がハンパない!

子どもの足が未発達だから靴選びが大事だとお話しましたが

成長してからも大人になっても一生大事な部分であることを今回お話します。

赤い部分=足

この小さい部分にあなたの体重と目には見えないけれど重力が上から圧しかかり

硬い路面・・つまりアスファルトの上を歩くことによって下からの衝撃もかかっています。

歩くときにカカトに体重の約1.5倍の加重されると言われています!

つまり体重50Kgの人だとこの赤い部分に75Kgかかるということ!

走るときは3倍!体重50Kgの人だと赤丸部分に150Kg!!

ジャンプして降りたときに6倍!かかると言われています。

    

そんな負担を足を壊すことなくうまく逃がしている仕組みが

3点アーチ!!

全身の1/4を占める骨の数!

強力な靭帯!

なのです!

⑧3点アーチの秘密

絵の通り3点をつないだ3つのアーチを3点アーチと言います。

内側アーチが土踏まずと言われるところ

前側アーチは横アーチと言われたりもします。

4点の方が安定して見えますが

3点の良いところは凸凹道や坂道でもバランスをとりやすいところです。

アーチとは弓形のことですが

上の図のように同じ力がかかった場合

平らだと1点にかかる力が

アーチ状だと力が分散されます。

バネのようにしなって力を吸収する作用もあります。

土踏まずがちゃんとあるかどうか

この図のように足型をとるとわかりやすいですが

大人になると図のように骨が正常でも

筋肉が落ちて靭帯が伸びてくると扁平足の人のような足型に写ります。

   

そうならないようにするにはどうすれば良いのか?

それはまた後半で。

     

⑨足の骨のことを知ろう!

人の体を構成している骨は206個あります。

そのうち足の骨は片足26個・両足54個もあります!

実に全体の1/4を占めています。

    ↑ 上から見た足
  ↑ 内側から見た足

意外と細かい骨で組まれていて驚きます!

 ↑ 長崎・めがね橋

石橋の石組みのように同じくアーチ状になっていて

上からの衝撃に耐えられるような仕組みになっています。

足の場合はこの石橋と違って関節があるので

柔軟に動き、衝撃を吸収するので更にスゴイのです!

↑ 手の骨は片手で27個

手の骨と似てますよね

手にこれだけの骨と関節が必要なのは

物をつかんだり字を書いたり

様々な細かな作業をするためです。

ということは

足も手のように柔軟な動きが必要ということです!

    

毎日当たり前のように足を使って歩いていますが

実はこんな風な構造になっていることを

少しだけでも頭に置いて歩いてみませんか?