②間違いだらけの子どもの靴選び~番外編~

前回の続き

ランク外の番外編

「歩き始めはハイカットの靴が良い」

これは昔言われてたことですが

こだわる必要はありません。

むしろ足首の動きを阻害するという考えもあります。

 

「〇才は何cmくらいの靴?」

おおまかに基準がないわけはないですが・・

個人差があるのでわっかりませ~ん

 

「うちの子小さいから小さい靴?」

※大きいからバージョンもあり。

足のサイズは身長に比例しません

わたしの兄は身長低いけど足デカイww

 

どちらもお孫さんの靴を買いに来た方からの質問ですね。

靴のプレゼントは避けたほうが良いです。

渡してみたらサイズ合わなくて交換に来られる方多いです。

お店に寄りますが返品できるのは1~2週間以内というところ多いです。

購入時に確認を忘れずに。そして

買ったらすぐに渡してその場で試し履きしてもらいましょう。

渡しっぱなしダメー!

 

そして

これ本当は第1位にもってきたかった・・

子どもに選ばせる

もちろん個人差はありますが

選ばせて良いのは小学校高学年~中学生くらいからかな。

合っているか本人に聞くのは大事なことなので

これは小さい頃からやって良いのですが

最終決定はあくまで親がする!

足という部位は一番神経の発達の遅いところ

2,3歳に聞いてもどーせわからない。

それ以上の年齢になっても

裸足で外を駆け回ることのなくなった現代の子どもたちの足が

順調に発達しているとは思えないので無理だろうな。

わかるようになってもその靴のデザインの好き嫌いで「合っている」と答えている場合もある。

  

小さい頃から子どもにどういう靴が足に合っているのか教え続けたうえで

親が客観的に判断できるようになるのが理想です。

  

だからそれをどうすればいいのよー!

とお怒りの方・・

  

それをこれから順を踏んで書いていきますんで~

お楽しみに♪

  

“②間違いだらけの子どもの靴選び~番外編~” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です